FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Tomo工房の日常

Backyard-Garage-Mistwind(通称:Tomo工房)の徒然なる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

スナイパーライフルの造り方(四回目) 

今回は狙撃銃には無くてはならない「スコープ」の話。

なんですが、この「自己満足ブログ」を見てくださっている(と、思う)先日開催された「狙撃銃の競技会」
参加者の方々へ言い訳。(笑)

あくまで今まで書いてきた内容は「自己の主観」によるものと「初心者でも作れる」という考えからです。
突き詰めていけば今までの内容では不十分だし、今回のスコープの話に関しても駄目出しをもらうかもしれません。
でも、低コストでゲームでも十分な性能となるとこれでもいけると筆者は思います。
もし、このブログを読まれた方がいらっしゃいましたらコメントを下さい。今後の参考にさせて頂きます。
(いや、ホントにコメント下さい(必死))

で、話を本線に戻して、(汗)

最近は割りと安い価格でオクやらに出てますが、正直「スコープ」に関しては、
妥協せず自分の目で覗いて見て選んで頂きたいです。
あと多少の出費は覚悟して下さい。価格と性能が比例しますので。

で、まずはスコープの各部の話と思いましたが、その辺は色々と雑誌等で
説明されてるので端折ります。(マテ

ただ、フロントフォーカスとサイドフォーカスは良く「どっちがいいのですか?」と
聞かれるので補足説明的なものを。

フロントフォーカス>
スコープの前側(フード部分)で調整するもの。カメラのフォーカス調整と同じ感じ。
ピントを対象物に合わせ易い。

サイドフォーカス>
エレベーション・ノブやウィンテージ・ノブと同位置にノブが配されており使い勝手が良い。
但し、フォーカスの動きが把握しにくくピントを合わせにくい。(と、いうか慣れないと合ってるのか分からない)

以上からスナイパー初心者はフロントフォーカスのスコープを選ばれる事をお勧めします。

で、筆者が使っているスコープを紹介します。
何れも性能は必要十分でさらに価格的にも手頃なものばかりです。

DSCF4792-1.jpg
手前から桑田商会「RED EAGLE3~9X40 FF」、ノーベルアームズ「SURE HIT 31042 IR HIDE7 SSTP」、
S2S「3~9X40 FF/BDC/イルミ付き」、赤羽フロンティア「サイドフォーカススコープ 3-10×42 30mm径」

以下、個別に解説。

DSCF4745-1.jpg
桑田商会「RED EAGLE3~9X40 FF」
写真はフードを着けています。遮光フードはあった方がいいです。明るい場所での見易さが違います。
DSCF4748-1.jpg
覗いて見た感じ。レティクルはシンプルタイプ。チューブ径は1インチです。
全体的に像が青みがかっていますが、レンズは明るく薄暮時でも対象物をはっきりと捕らえることが出来ます。
「RED EAGLE」は某オプティカルサイトメーカー○○○へOEM供給していたものを桑田商会が自社製品として
発売していたもので、性能は○○○のソレと同じという優れたものです。
しかし、現在は絶版となり店頭在庫品のみとなります。参考に価格は¥13.800です。

DSCF4749-1.jpg
ノーベルアームズ「SURE HIT 31042 IR HIDE7 SSTP」
DSCF4769-1.jpg
覗いて見た感じ。レティクルはSSTPというスケルトンのミルドットとレンジファインダーらしきラインの構成です。
チューブ径は30mm。明るさ、視野角、解像度、全て合格点です。
写真は暗い部分が出ていますが、これは写真の撮り方の所為です。
DSCF4764-1.jpg
イルミネーションを点灯させた状態。滲みもなく見やすいです。価格は¥26.250。

DSCF4783-1.jpg
S2S「3~9X40 FF/BDC/イルミ付き」
DSCF4778-1.jpg
ミルドットの部分が線になっている標準的なレティクル。
チューブ径は1インチながらも十分な視野角があり、レンズも明るく見やすいです。
DSCF4782-1.jpg
イルミネーションを点灯させたところ。廉価モデルながらイルミも装備されててコスパの良いスコープです。
価格は¥14.800(位だったと思う。現在はカタログ落ちしてる。)。

DSCF4776-1.jpg
赤羽フロンティア製「ミルドットレティクル サイドフォーカス ライフルスコープ 3-10×42」
DSCF4772-1.jpg
フロンティアオリジナル、「ミルドットレティクル 実銃用スコープ」のエアガンバーションといった位置付けの製品です。
実銃版と同様、視界が広く取れる42mm大口径対物レンズを採用しており、安価ながら機能性に優れた
サイドフォーカススコープとなっています。
明るさも明るく、視野角も広く非常に見やすいです。価格も¥12.800と求めやすい価格で、
コストパフォーマンスの良いスコープです。

以上が初心者で求めやすいスコープの紹介です。

あとはここには紹介していませんが、ノーベルアームズの「TAC-1」や東京マルイの「プロスコープ」も
入門用としては必要十分な性能であり、求めやすい価格帯のスコープです。

ただし、ここまでの内容はあくまで参考情報であり、最終的には使う方が自分の目で見て
見やすいと思ったスコープがその人にとっての一番のスコープだと思います。
スポンサーサイト

category: ミニタリー・サバゲ

CM: 4 TB: 0   

コメント

先日は遠い所誠にありがとうございました。
個人的にはゲームユースが殆どなくなってしまったので、
競技で使う、近距離でもフォーカスが合って高倍率なのがうれしいんですが
実銃用でない限りは最近発売されてるものはカバーできてますよね。
とっさに撃つシチュエーションが多い人なら低倍率で視界の広いのとか
用途別に紹介すると面白いかもですよ

個人のブログで自分の考え披露するんですから遠慮なく話したほうがいいですよ~(^^)

若花だ #- | URL | 2015/05/06 10:02 - edit

アキュコンお疲れさまでした

アキュコン参加者は、おそらく全員
このブログを拝見していると思います。

実際、私もアキュコン参加前に、
参加者に関するネットでの情報を
かたっぱしから収集してから、
今大会に望みましたので ( ̄▽ ̄)

でも、射撃競技とサバゲでは、
求める精度が違っておりますから
あまり気に病む事はありませんよ。


それよりも、STF福岡の年末サバゲ。

去年は私のチーム員2名が、楽しく
遊ばせていただいた様子なので、
今年は私もチームリーダーとしての
福岡遠征を考えております。

そちらのホームグラウンドで、
悪魔のスナイパー様との対戦が
実現したら光栄に思います。

十兵衛軍曹 #5s5DuMfo | URL | 2015/05/06 13:42 - edit

Re: タイトルなし

若花だ様 >>
先日は大変お世話になりました。
コメント有難う御座います。今後のブログ作成の上で参考にさせて頂きます。

う~ん、まぁ、個人のブログなんで関係ないとは思うのですが、
アレだけ実力差を見せ付けられるとやっぱ萎縮しちゃうのですよね。(汗)
今回のブログの内容だけに・・・・・。

また来年挑戦致します!

Tomo mistwind #- | URL | 2015/05/06 22:08 - edit

Re: アキュコンお疲れさまでした

十兵衛軍曹様 >>
お疲れ様でした。
まさか遠い岩手の地で「悪魔のスナイパー」と呼ばれるとは思いませんでした。
世間て狭いですね。(笑)

STFはぜひ機会があればいらして下さい。ただ前回、御二方が来られたフィールドは
本日で閉鎖になったので新しいSTFのフィールドでの対戦になりますね。
(STFが営業を辞めた訳では無く移転しました)
またお会い出来る日を楽しみにしております。


できれば「悪魔のスナイパー」呼ばないで下さい。
アレ、若干黒歴史になってるので・・・・・。(汗)

Tomo mistwind #- | URL | 2015/05/06 22:17 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mistwind.blog.fc2.com/tb.php/137-93d2dae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。