Admin New entry Up load All archives

Tomo工房の日常

Backyard-Garage-Mistwind(通称:Tomo工房)の徒然なる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

Millett TRS-1 

ある時、M40A3弄ってて「う~ん、やっぱりこのスコープなんか合わないなぁ・・・?」って思ったのが切っ掛け。

151229_235942_ed.jpg
合わないと思ったのがコレ「ノーベルアームズ TAC-ONE 31244」!

いや、性能的には十分なんだろうけど、こうなんというかね・・・・・。

それならば!ということで実銃用の奴を購入してみるかっ!という流れに。

ここで注意しなければならないのが、実銃用だと最低パララックス補正がエアガンと合わないことがあります。
(まぁ、射程距離考えれば当然なんですが)
そして予算の問題。妥協はしたくないけど潤沢に資金があるわけでもありません。

なので条件を満たすスコープを探して直感でコレッ!というものに出会えました。

DSCF6219.jpg
DSCF6185.jpg

それは「Millett TRS-1」っ!

チューブ径30mm、対物レンズ径50mm、最大16倍率のスコープ。
なんといっても最低パララックス補正が10ydsから合うのでエアガンにも使用出来ます。
価格は多分$500~$580くらいでしょうか?意外とリーズナブルです。

DSCF6194.jpg
DSCF6198.jpg
で、M40A3に載せてみた。(マウントリングは取り敢えず高さ18mmを使用)

DSCF6213.jpg
やっぱり対物50mmレンズは迫力が違いますね(笑)。

DSCF6201.jpg
サイドフォーカスのダイヤルは大きめでグローブをしてても操作性は良いです。
回す重さも軽すぎ無い点も良いですね。

DSCF6205.jpg
4倍で覗いたところ。像は明るく見やすいです。レティクルはSTDなミルドットです。
因みにダイヤルのワンクリックが、
Adjustment Click Value: 0.1 Mil
Adjustment Click Value: 1/4 MOA
のツーパターンから選択出来ます。

DSCF6207.jpg
最大の16倍率で覗いたところ。廉価版にありがちな外周がぼやけることもなく鮮明な像です。
各ダイヤルのクリック感は「カチッカチッ」とした非常に硬質なもので扱い易く引っ掛けての誤作動の心配がないですね。

唯一の難点は最大倍率時に状況(光の入り具合)によっては若干白ボケすることでしょうか?
まぁ、これは無視出来る範囲なので気にしないことにします。

DSCF6212.jpg
MSR338「美鳳」にも載せてみた。

DSCF6216.jpg
M40A3とMSR338(スコープはシュアヒット)並べて。

DSCF6217.jpg
「シュアヒットHIDE-7」との比較。かなりデカイです(笑)。

DSCF6221.jpg
付属品。スコープカバーの造りが非常に丁寧です。

個人的な感想としてはミドルクラス(価格帯)のスコープとしては必要十分な性能を有していると思います。

イルミネーション(グリーン)も装備されてて使い勝手は良いかと。

まぁ、なにより国内にはあまり出回っては無いので人とは違うものを欲する方にはお勧めです!(笑)


スポンサーサイト

category: ミニタリー・サバゲ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mistwind.blog.fc2.com/tb.php/152-3daa806f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。