FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Tomo工房の日常

Backyard-Garage-Mistwind(通称:Tomo工房)の徒然なる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

マフラー製作 

さて今回の依頼はマフラーの加工(というか製作?

依頼主が、「マフラー変えてエキマニ変えたらトルクダウンした」というので詳細を聞くと、
どうもマフラーにあるみたいなので、加工を引き受けました。

120915_154942.jpg
と、いうわけで届いたマフラー。うん、一般的な砲弾型ですね。

120915_155005.jpg
出口付近。

駄菓子菓子っ!BEATに砲弾形って実はノーマルのE/gだと管長の関係もあって、抜けすぎで排圧が掛からず、
トルクダウンしてしまい、よく言われる「音だけ走って車が前に進んでない。」という状況になってしまうのです。

自分の持論だと十分な排圧を得るのに管径Φ42.7で管長2mは欲しいですね。

で、加工開始。

現状の材料で色々やった結果、

「お金貰うのに十分なクォリティが確保出来ないので、自分の手持ちのエキパイを更に加工し、新しいマフラーを作るっ!」

てな極論に達しました。(泣)

いやね、材料不足で単純にテーパーパイプが無く、排圧を確保する為のチャンバー形状を造ることができなかったのですよ。

なので、自分の使ってたエキパイは排圧を確保する加工をしてあったので、それを元にもう少し加工を施しました。

120916_180328.jpg
出来上がった材料達。

120916_180115.jpg
アルミサイレンサーの入り口は約Φ34くらい。

メインパイプのΦ50→Φ34にするのでこれでも十分な排圧を確保出来るとは思うのですが、依頼主のエキマニは触媒レス仕様の為、もう少し絞りを入れたいところ。

120916_180202.jpg
なので、メインとサイレンサーの継ぎ目に写真のようなファンネル形状のテーパーパイプを入れて、さらに排圧を掛け、それでいて排気の流れは乱されないようにする方向に。
(空気の流れは外壁に沿うように流れるので、隔壁で狭くすると排気の流れが乱れて抜けが必要以上に悪くなる。)

120916_180144.jpg
テーパーの細い方はΦ22くらい。(このあとΦ25まで拡大しましたが)

120916_180216.jpg
サレンサーにセットするとこんな感じ。

120916_180355.jpg
仮組み状態。

知っている方は気付くでしょうが、コレ、前に使っていた細身の砲弾型マフラーのリメイクVer!

自分のBEATは触媒があるので、メインΦ50→サイレンサー入り口Φ34でも十分なトルクは出るのですが、触媒レスエキマニに対応させる為の加工を施しました。

あとは、いつもの溶接屋に持ち込んで溶接をしてもらい、自分の車両に組み込み実走行テスト!
結果がよければ出荷です。


スポンサーサイト

category: 車・バイク

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mistwind.blog.fc2.com/tb.php/34-8f754870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。