FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Tomo工房の日常

Backyard-Garage-Mistwind(通称:Tomo工房)の徒然なる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

スナイピングの基礎 

本日、やっと「ARES」からうちのMSR338"美鳳"のセットピン(予備)が届きました。
これで有名な「MSR338持病のセットピン折れ」も安心です。(笑)

つか、この持病、ノーマルのスプリングテンションが強すぎる所為じゃね?
エアブレーキ解除したら「ふぬわぁっ!」な初速が出るんですけど・・・・・。(汗)

で、本題。

よく「やっぱりスナイパーライフルって飛距離違うのですか?」とか、「どうしたらそこまでの精度が出せますか?」とか聞かれるのですが、な~んも特別な事はしてないです。

答えは簡単。

「ゼロイン」がしっかり出来てるかどうか。

まぁ、何百発も撃って弾道の癖を吸収しているのも大きいですけど、「ゼロイン」がきっちり出来ていないとこれも意味無いのですよね。

130908_174825_ed_2013112122053412c.jpg
以下、工房流「ゼロイン」の合わせ方。

まずは、スコープのレティクルのエレベーションノブ(上下の高さ調整)を一杯締め込み、その位置から約1回転半ほど戻します。

次にHopを調整し約30m先でレティクルの横軸と弾道が交差する様にします。

そして、約30m先に2Lペットボトルを置き、ウィンデージノブ(左右調整)でペットボトルの横幅に弾がまとまる様調整していきます。

この時点で、かなりまとまる様になってると思いますので、あとはひたすら試し撃ちをして弾道の癖を自身で吸収し、レティクルを其の都度調整しなくともレティクルの何処にターゲットを置けば当てれるかを見極めて下さい。

130414_194130_ed_2013112122011111e.jpg

そして応用編ですが、実際のゲーム時、相手ゲーマーが30m以上に居る場合はエレベーションをUPの方へ一回転廻して下さい。銃口が上を向き飛距離が伸びます。
逆に30m以下の時はDown側へ一回転締め込んで下さい。ちゃんと帳尻合わせが出来ます。

サバゲだと精密射撃とは違うので、これぐらい精度が出ていれば、マンターゲットには十分Hitが奪えるスナイピング・ライフルになります。

狙撃システムを正しくセットアップしない、出来ないといくら高性能なスナイパーライフルでも当たりません。

また、この合わせ方は「え~っ、そのやり方間違ってない?」という意見も在るでしょうが、
基本、当工房はこの合わせ方で調整し、ゲームでも十分なHit数を稼いでます。

あとは自分のスタイルにあったゲームライフをお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

category: ミニタリー・サバゲ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mistwind.blog.fc2.com/tb.php/84-e3333b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。