FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Tomo工房の日常

Backyard-Garage-Mistwind(通称:Tomo工房)の徒然なる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

今年最初の高千穂巡礼記 

前回のサバゲレポとは前後してしまいますが、1/11に廃鉄成分補充の為、
高千穂までまた行ってきました。(笑)

いや、ホント、「高千穂」って巡礼抜きにしても、な~んか癒されるんですよ。

んで、巡礼記。

DSCF1639.jpg
まずは「高千穂神社」に初詣。そして「玉串料(御神前)」奉納。
ここでは「依代」に息を吹きかけて自身の「罪穢れ」を祓ってもらいました。


DSCF1641.jpg
次は「天岩戸神社 西本宮」で参拝、そして「玉串料」奉納。

筆者の家は「古神道」の流れなので年初の神事はしっかりしてます。

そうこうしてるうちに昼を迎えたので、天岩戸神社の参道にある食事処でお昼御飯。

DSCF1661.jpg
「神茶屋」さん。メニュー豊富で味良し!お値段もリーズナブルなんですよ。

DSCF1660.jpg
今回は「親子丼」と筆者定番の「山女魚」の塩焼き。
さすが地鶏で有名な「宮崎県」!親子丼の鶏肉は肉も大きくジューシーでした。


お腹を満たしたあとは「鉄分」補充。(笑)

DSCF1675.jpg
まずは「深角駅」。夏に来た時と変化無く佇んでいました。

次は今回の目的の「亀ヶ崎駅」。

DSCF1686.jpg
向かう途中にあるレール。奥側に「亀ヶ崎駅」、手前側が「槙峰駅」になります。

DSCF1694.jpg
さて、目的地に向かいます。

DSCF1695.jpg
駅の直前にある廃屋。廃線前は鉄道関係者が住んで居たのでしょうか?

DSCF1718.jpg
そして到着しました「亀ヶ崎駅」。

DSCF1697.jpg
「駅ノート」は健在でした。つい最近訪れた方もいるみたいです。

DSCF1707.jpg
目の前は「五ヶ瀬川」の穏やかな水面が広がっています。(現在はですが)

DSCF1715.jpg
来る筈も無い「列車」を待ち物思いに耽る筆者。つくづく廃線前に来たかったなと。

DSCF1763.jpg
DSCF1751.jpg
で、戻りで「槙峰駅」へ。ここはすでにレールが撤去され、枕木が傍らに積み重ねられていました。
この駅周辺は比較的開けており、民家もたくさんあります。
槙峰にはかつて「槙峰鉱山」が有ったらしく、槙峰駅が比較的大きく、
周囲に民家が集まっているのも、その名残かと。
また、ここから銅山への路線が分岐していたそうです。

DSCF1782.jpg
最後は「日之影温泉」です。駅名から分かるように駅舎には温泉施設が併設されています。
この駅の目玉は、なんといっても、TRから譲り受けた車両を改造した宿泊施設「TR列車の駅」です。
車両を真っ二つにして間に入り口を設置し、車両の前後をそれぞれ部屋に改造したみたいです。
2両分、計4部屋有り、ベッドや洗面施設などが設置されている様ですね。

次は泊まろうかな?

DSCF1834.jpg
DSCF1833.jpg
DSCF1832.jpg
DSCF1831.jpg
DSCF1826.jpg
駅内部はこんな感じ。一階部分は地元名産品等の物産店。二階部分が温泉・食堂・休憩所になっています。

他県からというより地元の方々の憩いの場的な雰囲気でした。

さて、これで十分に自身も癒され鉄分も補充して、満足いった一日でした。
つぎは泊まりで来て、一日目「鉄分補充」、宿泊して二日目五ヶ瀬川で「渓流釣り」とか愉しむのも
良いかもしれませんね。
スポンサーサイト

category: 雑談系

CM: 4 TB: 0   

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。

ヤマメ、美味しそうですね。

秋刀魚みたいな感じですか?
それとも鯖のような感じ?

私も一度食べてみたいです。

ぢゅん #- | URL | 2014/02/10 10:54 - edit

Re: ぢゅん様

ぢゅん様、はじめまして、当Blog主のTomoと申します。

> いつも楽しく拝見させていただいております。
>>この一人よがりなBlogを見て頂いて本当に有難う御座います。(笑)
 今後もご来訪頂ければ幸いです。

> ヤマメ、美味しそうですね。
>>大変美味ですよ。味は淡白で川魚特有の臭みも無いです。
 海の魚とは味は全く別物なので例え様が無いですが、しいてあげるとすれば白身魚の塩焼きが近いかも?
 割と何処でも食べれるので一度ご賞味されて下さい。

Tomo mistwind #- | URL | 2014/02/11 00:00 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/02/16 12:04 - edit

Re: ありがとうございました。

>  ASWの修理の件
>>いえいえ御気になさらずに。
 輸入品の「エアコキ」なら多少のノウハウと、部品供給(ある程度ですが)の
 ルートは確保してますので、困った事があれば遠慮無くご相談下さい。
 

Tomo mistwind #- | URL | 2014/02/17 23:12 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mistwind.blog.fc2.com/tb.php/94-4364d111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。