Admin New entry Up load All archives

Tomo工房の日常

Backyard-Garage-Mistwind(通称:Tomo工房)の徒然なる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

LayLax デルタストライク・バレルと3/9のSWAT戦レポ 

まずは3/9のSWAT戦のレポから。

久々のブッシュのみのSWAT戦。普段はCQBエリア戦のSTFに慣れてるので割りと四苦八苦(汗)。
今回は反省すべき点も多いゲームでした。

やっぱ色々なフィールドのゲームこなさないとダメですね。

それでもどうにか二桁Hitは稼ぎましたが。


で、以下、本題のバレルの件。

今回SR-25「那美」にカスタムバレルを組み込んでみました。

DSCF2238.jpg
LayLax 「デルタストライク・バレル」

流速チューンでは定番の「ルーズバレル」です。
つか、通販で買うと写真の「クリアファイル」と「釣具」関係のカスタムパーツ、アパレル用品の
カタログが同梱されてきました。

割と手広いですね(笑)。

まずは全体から。

DSCF2239.jpg
初期ロット品は「スリックパッキン」が付属します。

次に細部。

DSCF2241.jpg
この黒いチャンバー部分、実は樹脂部品です。
結果、バレルとチャンバー部分別体の2ピース構造となっています。

この時点で「やらかした!」感が・・・・・(汗)。

DSCF2242.jpg
内部はこんな感じ。

BB弾がセットされるとこんな感じです。

DSCF2246.jpg
チャンバーパッキンの替わりにO-リングで擬似セット状態を作ってみました。
説明書にもある通りBB弾が3点支持されBB弾の直径のバラツキがあっても常にセンターで保持される
構造になっています。

で、インプレッションですが、まずは組み込み前のデータから。

DSCF2248.jpg
DSCF2251.jpg
マグプル マサダ純正バレル「230mm」加工品でのデータ。
初速95.3m、集弾性80mm(20m)。
上下にバラついてるだけなので横方向でみると割りと良い結果出てます。

次に組み込み後。

DSCF2249.jpg
DSCF2252.jpg
バレル長300mmを選択したので初速の低下は殆ど無いです。
集弾性はキッチリ纏まる様にはなりましたが3点支持の効果はそれほどでも無いかも?

これは考察すると2ピース構造が影響してる様な気がします。
2ピースとすることで少なくとも段差は出来ますし、樹脂のチャンバー部分の摩擦係数が影響してる
のでは無いかとも推測出来ます。
(事実、「バトン」の流速ルーズバレル01Rはほぼ同じ結果が出ているので)
これが前述の「やらかした!」に繋がる訳です。
あと内径6.2mmと割と広い直径も関係してる様な気がしなくも無いです。

ただ、長距離(30m以上)での弾道はスコープで見る限りほぼ一定になり、またBB弾の直径誤差によるバラつきも
3点支持の影響で最小限に抑えられています
(G&Gの弾とマルイ スペリオールを混ぜて使ってもBB弾の影響による弾道の乱れが少なかった)

さて、以下まとめですが、

・このバレル「個人的」にはオススメ出来ません。
・非流速だと初速の維持がキツイかも?
・横風の影響をさらに受けやすくなった。
・BB弾の直径バラつきには柔軟に対処出来る。

結果としてはそこまで「うわっ、すげぇ!」となるバレルではなかったですね。

まぁ、それでも一定の性能向上はみて取れるので良しとしますかね。



3月9日戦果>
ボルトアクションでの狙撃>7Hit
セミオートでの狙撃>3Hit

2014年戦果>
ボルトアクションでの狙撃>55Hit
セミオートでの狙撃>37Hit
合計92Hit
スポンサーサイト

category: ミニタリー・サバゲ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mistwind.blog.fc2.com/tb.php/96-75dee4dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。